TOEIC を活用して、スピーキング力をつけよう!~実は TOEIC は日常会話練習に最適~


私の生徒さんに、

「仕事では通訳がつくし、

英語が必要ないからやる気が出ない」

って人がいました。

 

友達からも、

「英語ができたらいいな」とは思うけど、

使う機会がないから、続かない。

という声を聞きます。

 

確かに、

必要性もなく、これといった目標がないと、

なかなか続かないですよね。

 

でも、最近よく聞くのが、

突然、英語が必要になったって話。

英語が必要な状況って、

突然やってくるんですよね。

上司が変わって、外国人になった、とか、

配属移動で、英語を使う部署になった、

会社の方針が変わって、

急に TOEIC スコアが必要になったとか。

これからは、

こんな状況がどんどん増えそうですよね。

 

今、英語が必要ない人でも、

英語を身に付けておいたほうがいいのは明らかです。

じゃ、なにを目標に、どう勉強すればいいの?

というと、

私がお勧めするのが、 TOEIC です。

 

まず、英語がどのくらいできるのかの指標として、

今の日本では、TOEIC が一番主流です。

 

実際には、

「TOEIC スコアは高いのに、英会話はイマイチ」

って人もいるのですが・・。

とはいえ、やっぱり、会社も個人も、

英語力がどのくらいあるのか、の指標として、

TOEIC スコアを参考にしますよね。

TOEIC スコアはあった方がいいに決まっています。

 

しかも、TOEIC は、

リスニング、リーディング力を正確に数字にしてくれます。

実力がついてくると、きちんとスコアも上がります。

また、目標ができるのもいいですね。

自分が今、

どの位置にいるのかを把握できるし、

スコアアップを目標にできます。

 

初心者の方は、是非、600を目標にしてみてください。

600点までは、

英語の基礎力が問われる問題。

600取れれば、

単語や文法などの文法が身につていてる、と判断します。

 

スコアごとの具体的な勉強方法については、

TOEIC 勉強法 スコア別お勧め勉強法

今回は、

TOEIC の素晴らしさと活用法を、

さらに書きますね ^^

 

TOEIC は、

ビジネス英語だって思われていますが、

実は、

ほとんどが日常的な会話や表現でできています。

 

TOEIC でよくあるシチュエーションって・・

友人同士や同僚の会話、空港でのアナウンス、ニュース、

留守番電話のメッセージなど。

どれも日常にある場面ですよね ^^

 

しかも、使われる英語は、

くだけすぎてもいないし、

丁寧なきれいな英語なので、

どこで使っても恥ずかしくないものです。

 

というわけで、

私がお勧めする TOEIC の活用法は・・

スコアアップを目標にするだけではなく、

出てきた英文を暗記して、

是非、会話で使えるようにして欲しいな、

と思います。

 

特に、リスニングの、

Part 3 の会話問題 と Part 4 の説明文問題は、

日常生活で使う表現や場面が満載です。

 

しかも、

1つ1つの会話や説明文が長すぎないし、

さまざまな場面があります。

是非、

気に入った場面の会話や説明文を暗記して、

実際に使えるしましょう。

場面を想像しながら読むことで、

頭に入りやすいのも TOEIC のいいところですね。

 

暗記と言っても、

学生のときみたいに、

「書いて覚える」

とかはしないでくださいね。

「リピーティング、音読、シャドーイングをしているうちに、

自然と覚えていた」てのが理想です。

(音読のやり方 ⇒ 【音読】必ず英語力が伸びる正しい音読

(シャドーイング

【シャドーイング】実は種類がたくさん 最も効果的なやり方を!

(リピーティング

【ディクテーション】リピーティングと合わせて効果UP の後半)

 

 

使う素材は、

リスニングだけの TOEIC 公式問題集もあるので、

それがイチオシです。

 

繰り返しになりますが、

全てを暗記しようとしないで、

気に入った会話や説明文を徹底的に使って

自然に頭に残るようにしましょう。

 

まだ TOEIC を受けたことがない人は、

まず、

今の実力試しに、

TOEIC を受けることからスタートしましょう。

スコアアップしていくのが、

楽しくなってきますよ♪

 

 

 

 

 

 

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)