NHK ラジオ英語講座 勉強法・活用法 ー ただ聴くだけじゃなく有効活用しよう ^^


 

以前書いた NHK 英語講座のお勧め番組の記事が、

⇒ http://marie01.net/studymethod/nhkradioenglishlesson

好評だったので、

今回は、

NHK ラジオ英語講座を有効活用してもらうための、

勉強法について書きますね ^^

 

ちなみに私は、

「実践ビジネス英語」を今でも聴いていて、

月末に、次の月のテキストを買うのが楽しみです。

「来月のテーマはなんだろう」

「来月は頑張るぞー」

ってわくわくするんですよね。

 

ま、そんな私も、

うっかり聞き逃してしまって、

気づいたら月曜日・・

「あぁ、もう新しい週に更新されてしまったぁぁぁぁ」

って、後悔することもしょっちゅうなので、

完璧に全部を聴こうとせず、気楽にいきましょう♪

そのほうが継続出来て、

結果、そっちの方が英語力が上がります。(*^^)v

 

さてさて、

NHK ラジオ英語講座、

私は、予習は勧めていません。

まずは、テキストを見ないで番組を聴き始めます。

すると、番組の最初のほうで、今日のダイアログが流れます。

番組によっては、事前に質問が読まれてダイアログが流れるので、

その答えを聴き取るように努力しながら聴きます。

質問がない番組の場合は、

あとで自分で要約するので、

「なにについての話なのか」

「どんなことを言っているのか」

を説明できるように意識して聴きます。

 

聴き終わったら、自分がどのくらい聴き取れたのかの確認。

質問が与えられる場合は、質問に答えます。

質問がない場合は、内容を要約してみましょう。

わからなかった場合は、

もう一度全体を聴いて、

質問に答える or 要約できるまで何度も聴きます。

 

ここまでできたら、

だいたいの流れはつかめています。

次は、英語の音を聞き取るためのトレーニングに入ります。

 

全ての音が聞き取れるのか、注意しながら聴きます。

聞き取れない箇所があったら・・

その箇所だけ、ディクテーションしてみます。

ディクテーションのやり方は下の記事に詳しく書いてあるので、

参考にしてみてくださいね。

http://marie01.net/studymethod/dictatioandrepeating

 

ディクテーションをすることで、

聞き取りが苦手な音がわかるし、

注意して聞くことで聞き取り力があがります。

 

さて、ディクテーションが終わったら、

番組を再生して、ダイアログの解説を聞きます。

番組にもよりますが、

たいていダイアログに出てきた重要表現や、内容を解説してくれます。

 

ここで、

知らなかった単語や表現は、テキストにマーカーをしたり、

似ている表現など、教えられた情報を書き込みます。

さらに、ノートにも書きます。

NHK ラジオ英語講座を聞くときに限らず、

英語の勉強をするときは、

英会話学習用のノートを一冊用意してくださいね。

新しく学んだ表現や単語をこのノートに書き込みましょう。

ノートは何冊も用意するのではなく、

一冊に書き込むのがお勧め。

一冊のノートに英語関係の情報が詰まっていると、

それを空き時間に見直すだけで、一気に復習できます。

このとき、英語と日本語訳だけでなく、

その単語や表現が出てくる一文も書いておくのがお勧めです。

どんな風に使うのかがわかるし、

ノートを見返したときにシーンを思い出しやすいです。

 

そして、このノート。

小さめのものがお勧め。

出かけるときにも鞄の中に入れておいて、

電車の中や、ちょっとした空き時間にパラパラと見返しましょう。

 

記憶に定着させるためには、「繰り返し」が、とっても大事。

一度覚えたつもりでも、

日にちが経つと記憶から消え去ってたりするんですよね。

何度もぱらぱらと見ることで、

記憶に定着して、ここぞというときに使えるようになります ^^

 

NHK ラジオ英語講座のテキストも、

時々、昔のテキストをパラパラめくると復習になっていいですよ。

 

話は戻って・・

NHK ラジオ英語講座を聴きながら、

番組内で、リピート練習や口頭英作練習などあるので、

それもやってみてくださいね。

しつこいようですが、リピート練習は、テキストは見ないで、

1センテンスを覚えて、声に出してください。

また、苦手なセンテンスは、何度も何度も声に出して、

すらすら言えるようになるまで頑張ります。

 

そして、最後まで番組を聴き終わったら・・

リスニング、スピーキングトレーニングに入ります。

 

やることは・・

リピーティング(一文を聞いて、覚えて、その一文を真似して声に出して言う)

音読

http://marie01.net/listening/ondoku

 

シャドーイングです。

http://marie01.net/listening/shadowing

 

シャドーイングは難しいので、なかなかできない場合は、

音読まででも大丈夫。

 

リピーティング、音読、シャドーイングは、毎回やる必要はありません。

毎回完璧にやろうとすると、挫折する可能性が高くなってしまうので、

時間があるときや、お気に入りの回のものを繰り返しやる・・てのも大丈夫。

 

私も、「実践ビジネス英語」のお気に入りの回は、

何度も音読したり、

p3プレーヤーに録音して、シャドーイングしていました。

 

こんな感じで、

NHK ラジオ英語講座は、

どれも15分くらいの短い番組ですが、1回聴いて終わり、ではなく、

ぜひ有効活用してくださいね。

 

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)