こんにちは
TOEICトレーナーの亀本梨絵です。

今日は
関係代名詞の非制限用法について
お話ししていきます。

私の生徒さんでも
非制限用法自体を知らなくて

「何ですか、それ?」っていう人が
多かったりするんですが

実は非制限用法は
TOEICの文の中にもたくさん出てくるし
外国人からの英文メールにも
よく使われるものなんです。

なので今日この記事で
『非制限用法』を習得して欲しいな、と思います。

▼▼▼ 動画で見たい方はこちら

カンマが付くと、どう変わる?

 She has a son, who works in publishing.

では、早速例文を見ていきましょう。

She has a son who works in publishing.
She has a son, who works in publishing.

上の部分と下の部分との違いは
whoの前に、カンマがあるかないかですね。

上の方、カンマがない方は
通常の関係代名詞になります。

She has a son who works in publishing.

なので
a son っていう名詞を who以下が修飾します。

訳すと

彼女は出版業界で働いている息子が、1人いる

です。

今回解説したいのは、下の方の例文です。

She has a son, who works in publishing.

whoの前にカンマがあるもの。
カンマがあるものは
『非制限用法』と呼ばれます。

『非制限用法』って何なのか?

まず1つ覚えてほしいのは
『カンマのところで1回切れる』

って覚えておいてください。

She has a son, who works in publishing.

She has a son ここで1回、切れます。

訳すと、『彼は1人、息子がいる』

息子は1人しかいないんです。

She has a son, who works in publishing.

そしてその次。
カンマwhoです。

非制限用法の関係代名詞は
書き換えることができます。

どんな風に書き換えられるのか?

これも覚えて欲しいんですが

『接続詞と代名詞』に書き換えることができます。

じゃ、具体的に書き換えてみます。

She has a son, who works in publishing.

She has a son, and he works in publishing.

She has a son ここで1回切れます。

彼は1人の息子がいる

そして

and he works in publishing.

彼は1人の息子がいて
そしてその息子は、出版業界で働いている

になるんです。

上の例文と、下の例文との違いわかりますか?

上の例文、通常の関係代名詞の方は

She has a son who works in publishing.

出版業界で働いている息子が、1人いる

なのでもしかしたら
息子は2人とか3人とか、いるかもしれないんだけど

『出版業界で働いている息子』が
1人いる、ってことになります

そして下の方は

She has a son, who works in publishing.

He has a son
ここで切れるので、『息子は1人しかいない』

そしてその息子は
出版業界で働いている、って事になります。

 

TOEIC問題集の文で、練習しよう

では次に
TOEIC問題集の例文から見ていきましょう。

こちらの例文は
『文法問題 出る1000問』からのものです。

The final chapter is the most essential part
of Amazing Ads, in which the author provides
reviews, remarks, and analysis of a number
of advertising strategies.

関係代名詞の非制限用法、含まれていますね。

では、最初から訳していきましょう。

The final chapter is the most essential part

最後の章が、最も重要なパートです。

of Amazing Ads
Amazing Adsの

Amazing Ads
A が大文字になっていますよね。

なので『固有名詞』なんです。

Amazing Adsっていうタイトルの『本』ですね。

そしてその次
『非制限用法』が出てきます。

, in which the author provides

カンマがあって『,in which』になっています。

ここ、どんな風に訳しますか?

私の生徒さんにも、この文を
スラッシュリーディングしてもらうんですが

殆どの生徒さんが
この『in』を無視して訳してしまうんです。

でも、前置詞を飛ばしてしまうと
意味が通らなくなってしまう。

なので、in も訳してくださいね。

じゃ、in whichどう訳しますか?

関係代名詞の『非制限用法』は
書き換えられるんでしたよね。

『接続詞と代名詞』に置き換えられます。

じゃ、書き換えてみましょう。

すると

and in it になります。

訳すと
『そして、その中で』です。

じゃぁ、この『it』は何を指してますか?

The final chapter is the most essential part
of Amazing Ads, in which the author provides
reviews, remarks, and analysis of a number
of advertising strategies.

この『it』は
The final chapterを指しています。

なので
and in the final chapterってことですね。

『その最後の章の中で』になります。

その最終章の中で
the author provides
(著者は提供している)

『何を?』が、後ろに続いているんですね。

では最後に、もう1文、見ていきましょう。

英字新聞の文で、練習してみよう

次は、英字新聞ジャパンタイムズからの記事です。

She gets students to write down their feedback
on a worksheet, which she shares
with other teachers at the school.

ちなみに、今回の主語『She』は
『高校の先生』です。

高校の先生が、ある取り組みをしている
っていう記事なんですが

この文にも、『非制限用法』出てきていますね。

では最初から訳していきます。

She gets students to write down their feedback

使役動詞の『get』が出てきています。

『get 人 to 動詞』で
『人に~させる、~してもらう』になります。

なので今回は

She gets students to write down their feedback

『彼女は、生徒たちにフィードバックを書いてもらう』です。

on a worksheet

『ワークシートの上に』

そして次、非制限用法が出てきています。

, which she shares
with other teachers at the school.

『, which』になっています。

じゃぁ、これを書き換えてみましょう。

『接続詞+代名詞』に書き換えます。

今回難しいのが
whichの後ろに、主語『She』があるんです。

なので、代名詞がどこに入るのか?
がポイントになります。

書き換えできましたか?

書き換えるとこうなります。

, which she shares with other teachers

and she shares it with other teachers

『it』は何を指してますか?

She gets students to write down their feedback
on a worksheet, which she shares
with other teachers at the school.

『their feedback』ですよね。

なので

and she shares their feedback with other teachers

(そして彼女は、生徒たちのフィードバックを他の先生と共有する)
になります。

こんな感じで
非制限用法は、『接続詞+代名詞』に
書き換えることができるのですが

代名詞が何を指しているのか?
代名詞がどこに入るのか?

これがポイントになるので
ぜひ練習して慣れておいてくださいね。

現在
『無料動画レッスン』をプレゼントしています。

2ヶ月半で
TOEIC650点→880点にスコアアップなど
短期間で大幅にスコアを上げた生徒さんたちが
どんなトレーニングをしていたのか?

実際、彼らがしていたトレーニングを
私と一緒に実践できる動画になります。

▼▼▼ 詳しくは、こちら