TOEIC リスニングや英会話に必要なもう1つの能力


日本人が英語リスニングが苦手な原因を、

今まで2つ紹介してきました。

(⇒ 英語の発音とリズムをマスターしよう

(⇒ 英語を英語の語順で理解する

 

英語の音が聞き取れるようになって、

英語を英語の語順で理解できるようになった。

しかし、それでもまだ、

例えば 「TOEIC の問題で、なかなか正解できない」

とか、

いざ、相手の発言が終わって、答えようとしたら、

「あれ・・?なに答えればいいんだっけ?」となってしまう・・

といった問題があるなら・・

 

それは、短期記憶力が弱いからかもしれません。

実は私も昔これでした・・。

 

英文を聞いているときは、ちゃんと聞き取れるし、

その都度、意味もしっかりと理解しているんです。

「うんうん」と納得しながら聞いている。

内心、「これ、簡単だなぁ」とか思いながら(笑)

が、しか~し!

いざ聞き終わって、設問に答えようとすると・・

「あれ・・?なんて言ってたっけ?」って思い出せないんですよ。

これだけ聞くと、頭悪いだけみたいですが・・違いますよ! ^^

 

なぜ、こんなことが起こるのか、というと・

英文を聞き取って、聞き取った意味を理解しながら聞いている。

でも、聞き取った英文を理解している最中にも、

容赦なく、耳には、次の英文が流れ込んでくる。

すると、耳にも集中しなきゃいけない。

さらに、その新たに聞き取った英文も意味を考えないといけない・・

すると、新しく聞き取った英文理解に、頭が集中してしまって、

前に聞き取って理解したはずの英文を、忘れてしまうんです。

だから、英文を聞き終わった後は、

最後の方は覚えているけど、

最初の方に言ってたことはすっかり記憶にないんです(涙)

 

いやぁ、これ仕方のないことだと思いません?

だって、日本人にとって、英語を聞き取るのが大変!

さらに、英語の語順で意味を理解しないといけない。

それに加えて、ですよ。

前に聞き取って理解した英文の内容も、覚えてなきゃいけない、なんて!

一度にそんなたくさんのことできるかぁぁぁ!?

って言いたくなりますよね ^^

 

でも、大丈夫!!

短期記憶力を上げるトレーニングをすれば、

前に理解した内容も覚えていられるようになります ^^

 

そのトレーニングとは・・

「リピーティング」とか「リテンション」と呼ばれるもの。

 

やり方は・・

1 文ごとに、英文を止めます。

(一時停止ボタンを使います。)

そして、今聞いたその1文を、声に出して繰り返すのです。

この時、文字は絶対見ちゃダメですよ!

1文を記憶して繰り返すのです。

慣れてきたら、2文聞いて、止めて、その2文をリピート・・次は3文・・

って、だんだん長くしていきます。

長くなってくると、

実際に音声が言っていたのと違う表現や単語を

使って言ってしまうことも出てくると思います。

そのときは、内容が一緒であれば OK です^^

 

このトレーニング、はじめはきついんです。

特に3文とかになってくると、

2文目3文目は覚えてるんだけど、

「あー!1文目が思い出せないー!」

とかなりがちなんです。

 

でも、人間の脳ってすごいなぁって思うんですが、

このトレーニングをしていると、

前に聞いた英文もきちんと短期記憶しようと、

脳が頑張ってくれるのがわかります!

覚えてられるようになるんです。

これ、感動しますよ ^^

ぜひぜひ、やってみてくださいね♪

 

リピーティングに慣れてきたら、

聞き取れなかった部分のディクテーションも一緒にやってみてください。

短期記憶力と、聞き取り能力が鍛えられます。

【ディクテーション】リピーティングと組み合わせて効果UP!

 

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)