こんにちは。
TOEICトレーナーの亀本梨絵です。

今日は
『英単語』に関するお悩み。

『単語を、すぐに忘れてしまう』

『単語の勉強が楽しくない』

『覚えられない』

にお応えして

TOEIC や 英会話に役立つ

『効率的な英単語の覚え方』

について、お話しします。

動画で見たい方は↓から。

シドニーのハーバーサイドで
語っています^^

間違った単語の覚え方

さて、あなたは
英単語を、どんな風に覚えてますか?

単語帳を『見て』覚えているって
人が多いのですが、

実は、これ

効果的ではないんです。

なぜかというと

単語帳を『見てる』って事は
文字で見てますよね

『スペル』と『意味』を
『見て』覚えている状態、だと思うんですね。

でも、実際
覚えて欲しいのは『音』なんです。

正しい英単語の覚え方

『音』と『意味』を、リンクさせて覚える

英語の『音』と『意味』をリンクして
覚えて欲しいんです。

なぜかというと

会話の時
相手が言った発言に
瞬時に意味が浮かばないといけないですよね。

その時、『文字』じゃないんです。
『音』なんです。

だから
『音』を聞いて『意味』が浮かばないと
会話にならない。

自分が英語話すときも
『音』ですよね。

スペルじゃないですよね。

だから
『発音』がすごく大事なんです。

だから
『発音』と『意味』をリンクさせるって作業が大事です。

TOEICのリスニングでも
そうですよね。

文字見れないリスニングなので

『音だけで』

意味がわからないといけない。

なので
大事なのは、スペルではなく『音』です。

瞬時に意味が浮かぶ、まで覚える

そして、もう一つ大事なのが

『瞬時に意味が浮かぶ』状態です。

例えば
TOEICのリスニングで

『なんだっけ、この単語、聞いたことある』
って考えてたら

もう次が読まれてしまって
聞き逃しちゃいますよね。

なので
覚えるときは必ず
音を聞いたら『瞬時に』意味が浮かぶ
まで覚えてください。

単語が覚えられないときは・・

短期間に7回触れる

では次に
どうやって覚えればいいのか?

『単語が覚えられません(/ω\)』

っていう人に

『どんな風にして覚えてますか?』

て聞くと

『1回覚えた単語を
何週間か後に見たら、忘れてるんです(涙)』

て、言われるんですね。

でも
それって当たり前で
一般的に 『7回触れた単語』は
長期記憶に定着する、って言われてるんです。

だから、『7回』です。

7回触れるんです。

みんな
1回で覚えようとしてる。

だから、覚えられない。

正しくは、短期間に7回です。

だから

朝起きて見て
お昼休みにまた見て
夜また見る、みたいな感じですね。

例えば
『100単語を覚えよう』と思ったら
朝昼晩、同じ100単語を見て

また次の日も
また同じ100単語を、朝昼晩見る

とか

そういう風に
短期間に7回触れる。

それでも覚えられないときは・・

ただ

それでもまだ
覚えづらい単語・苦手な単語って
あると思います。

じゃあ、
どうすればいいのか?っていうと

触れる回数を増やす

短期間に、触れる回数を増やす

なので

苦手な単語だけを集めた
『自作の単語帳』を作って
それに何回も触れる、などがいいですね。

あと
私がオススメなのが
『画像検索』と使う、です。

例えば

flufyいう単語が
わからなかったとします。

そしたら
Googleの画像検索で「fluffy」って
入れてみるんです。

すると
どんな画像が出るか、というと

「fluffy」って、『フワフワ』
という意味なので

フワフワの人形とか
フワフワな犬とかくまさんとか

そんな画像が、表示されるんです。

そうすると

「fluffy」って
こういうもののことを言うんだな

って

絵で、記憶に残りますよね。

なので
苦手な単語は、画像検索するのが
オススメです。

そして
よく言われるのが『例文』ですね。

『例文で覚える』のも
単に、単語だけを覚えるよりも
記憶に定着しやすいです。

あと

自分で例文を作る、とか
その単語を使って、
自分の身近なネタで例文を作ると
更に記憶に残りやすいですね。

というわけで
今日は単語の覚え方について、でした。

単語を聞いたら
瞬時に意味が頭に浮かぶまで

工夫をしながら
覚えていってくださいね^^