こんにちは。
国内の学習でTOEIC985取得の
TOEICトレーナーの亀本梨絵です。

今日は
『TOEIC試験を、まだ受けたことがありません』
って人や

現在のTOEICスコアが、600点未満ぐらいの
TOEIC『初心者』の方のための記事です。

 

実は、TOEIC 初心者の方に
TOEIC試験の前に、必ずやってほしい
『本番前対策』っていうのがあるんです。

これを実施するだけで
『スコア、100点くらい変わるんじゃないか?!」
ってくらい、すごく大事なことなので

是非、頑張って実践してくださいね。

▼ 動画で見たい方はこちら

TOEIC 初心者が『TOEIC 試験』で直面する課題

TOEIC テスト本番で
ほとんどの『TOEIC 初心者』が
『直面する課題』があります。

それは

『設問の意味がわからない』です。

 

TOEIC試験は、全て『英語』なんですね。

なので、設問 (Questions) も英語なんです。

リスニング

設問って
具体的に、どういうものかっていうと
リスニングであれば Part3 、Part4です。

2 or 3人の会話を聞いたり
1人の人が話す、アナウンスメントを聴いた後
3つの設問を読んで、設問に答えます。

この『3つの設問』が、全て英語なんですね。

なのでこの『設問』の意味がわからない。

『何を聞かれているのか、わからない』

だから答えられない、とか。

設問を読んで、意味を理解するのに
時間がかかっちゃって


読んでる途中に
もう次の音声が流れてしまって
答えられなかった

ってことが、起きたりします。

 

リーディング

リーディングだと、Part7ですね。

長文読解問題です。

長文を読んで、その後に質問に答えます。

そして
この設問がまた、英語なんですね。

だから
『設問の意味がわからなくて、答えられない』

とか

設問を
『読んで理解するの読むのに、時間がかかってしまう』

 

リーディングは、時間との戦いですよね。

だから

『設問を読んで、意味を理解する時間』

ここも、なるべく短縮したいんです。

設問を読むのに、時間をかけたくないんです。

 

TOEIC 初心者向け『本番前トレーニング』のやり方

なので、今日ご紹介する
TOEIC 初心者向け本番前対策は

『設問』を使ったトレーニングです。

『本番前トレーニング』に準備するもの

では
『具体的に何をやるのか』をご紹介します。

まず、用意して欲しいものが
TOEICの『模擬試験』です。

これは、『公式問題集』でもいいし
他のものでも大丈夫です。

 

初心者向け『本番前トレーニング』のやり方

トレーニングには
模擬試験の Part3, Part4。
そして、Part7を使います。

問題は解かなくて、大丈夫です。

リスニングの音声も
聞かなくて大丈夫です。

何をやるかというと

1つずつ設問を読んでいきます。

そして

読んだらすぐに、和訳を言います。

『すぐに、訳せるかどうか』をチェックしてください。

 

和訳を言ったら
解答を見て、自分が思った和訳が合ってるかな?

これを、チェックしてください。

設問の意味が、すぐにわかるように仕上げる

なぜ、これをやるかっていうと


TOEICで聞かれる設問は
パターン化してるんですね。

だいたい
同じようなことが、聞かれています。

なので
模擬試験 1冊分の Part3、4、7
全ての設問を

読んで、すぐに和訳言えます。

構文も、とれてます。

という状態に仕上げておけば

TOEIC本番で

『設問の意味がわからない』

とか

『設問の意味を理解するのに
すごく時間がかかってしまう』

ってことが、ほぼなくなります。

『問われやすい設問』を把握する

あともう1個、いいことがあって

さっき
『聞かれる設問は、パターン化してますよ』

って言ったのですが
それに、気付くことができます。

『こういうことを、聞かれやすいんだな』

っていうのが、わかってくるんですね。

 

そうすると、リスニングのときも
聞かれそうなポイントに
気をつけて聴くことができる。

慣れてくると

「これ多分、聞かれるだろうなぁ」

みたいな想像がついたりします。

 

リーディングも、同じですね。

長文を読んでる途中で

『多分、ここ聞かれるだろうなぁ』

みたいなのが、わかってきます

『TOEICで、問われやすいことを把握する』
って意味でも
これはすごく役立つトレーニングです。

初心者が、つまずきやすい設問

私の生徒さんにも、初心者の方には
このトレーニングやってもらっていて

「読んで
構文や意味がわからないものがあったら
私に聞いてください」

って言ってるんですね。

それで、よく質問されるものが
2つあるので
今日は、それをご紹介したいと思います。

most likely

1つ目が、『most likely』です。

“likely”は、『ありそうな』の意味。

そして

”most”は
最上級で、『最も』の意味ですよね。

なので、most likely の意味は
『最も、ありそうな』です。

では、この ”most likely”
どんなふうに、使われるかというと・・

文の中に、挿入されて使われます。

例文1: Who most likely is the woman?

 

まず、1つ目の例文を見てみましょう。

”Who most likely is the woman?” です。

これ、意味が分からない人
いると思うんです。

わかりやすくするためには
”most likely” をカッコしてみてください。

most likelyを取ってみます。

すると

”Who is woman?” になります。

そうすると、和訳言えますよね。

”この女性は誰ですか?”です。

ちなみに
TOEICでは、『誰ですか?』って問いは
『職業』を聞いてます。

なので、『職業』答えればOKです。

 

”Who is woman?”って問いだったら

確実に『この人は、誰なのか』
が、わかる場合なんですね。

だけど今回は
”most likely” (最も、ありそうなを)が
入っている。

なので

『誰の可能性が、1番高いですか?』
って、意味になるんです。

だから

確信を持って『この職業です』って
断定はできないけど

会話の内容から判断すると
『多分、この職業なんだろうなっ』
てわかる

というのが、”most likely”です。

例文2:Where does the conversation most likely take place?

”most likely”
すごくよく出るので、
もう1つ例文を見ていきます。

Where does the conversion most likely take place?

です。

 

和訳、言えますか?

難しい場合は
”most likely” を( )するんでしたよね。

そうすると

Where does the conversion take place?”

になります。

そうすると、訳せますか?

 

”take place” は
『起こる』とか『開催される』の意味です。

なので

”Where does the conversion take place?”

の意味は

『この会話は、どこで行われますか?』です。

場所を、聞いているんですね。

会話がされてるんだけど
場所はどこでしょう?

って、聞かれている。

だけど

”most likely”が入ってるから
断定はできない。

会話の内容から
どこの可能性が1番高いですか?

って聞いてる、という文になります。

does the man say / does the woman say

そしてもう1つ、生徒さんから
よく質問される問題パターンがあります。

それが

does the man say や dose the woman say

が、挿入された文です。

では、例文を見ていきます。

例文1: What does the man say is required?

 

1つ目の例文は

What does the man say is required?

です。和訳、言えますか?

 

ちょっと難しいですよね。

これもさっきの
”most likely”と同じように( )して読みます。

does the man say

ここを( )して読みます。

すると ”What is required?”

これだと訳せますよね。

 

『何が求められていますか?』

になります。

これに
”does the man say” が挿入されているんです。

“does the man say” だから和訳は

『男の人は、言っていますか?』になる。

なので

”What does the man say is required?”

の訳は

『何が要求されていると、男の人は言っていますか?』
になるんです。

例文2:Who does the woman say she will contact?

では、同じパターンの設問を
もう1文見ていきましょう。

“Who does the woman say she will contact?”

和訳言えますか?

わからない場合はこれも( )して読みます。

does the woman say

ここを、( )してみてください。

するとWho / she will contactになっています。

文法的に正しくするには、willを前に出して

Who will she contact?にします。

”contact+人”で、『人に連絡を取る』です。

なので

『彼女は、誰に連絡をする予定ですか?』

になります。

これに
”does the woman say”が挿入されている。

 

だから

『彼女は誰に、コンタクトする予定だと言っていますか?』

になるんです。

 

こんな感じで

most likely” や ”does the man say”
が挿入された文、すごく良く出ます。

これが、挿入されただけで
わからなくなっちゃう人が多いので
慣れておいてください。

では最後に
無料プレゼントのお知らせです。

”全3回無料動画レッスン” をプレゼントしています。

“英語の『音を聞き取る』トレーニング”や
“英文を『速く読む』トレーニング”ができる

実践的な動画レッスンです。

◆内容◆

第1回 「英語を聞き取る耳」と「通じる発音」のためのトレーニング

第2回 英文の意味を理解するトレーニング

第3回 英語の読むスピードを上げるトレーニング

▼ 詳しくはこちら