英語ぺらぺらになりたい


 

今回は、スピーキングについのお話です。

 

私の英会話クラスでは、

英語を話すときに、

ノートに文を書いて、それを読もうとする人や、

頭の中で文を組み立ててから

はじめて発話する生徒さんが何人もいました。

 

書いてある英語や、

英語の文字を見ないと落ち着かない

のですね。

 

あなたは、どうですか?

 

学校では、英語を読んだり書いたりすること中心だったから

仕方ないですよね。

 

よく生徒さんから聞くのが、

「頭の中で文章を組み立てているうちに、

話題が次に移っていて、いつも発言できない・・」

 

せっかくいい文章を頭の中で作ったのに、

発言できないなんて悲しいですよね。

 

でも、こういう生徒さんたち、

レッスン回数をこなしていくうちに、

英文を頭の中でつくらなくても、

しゃべれるようになるんです。

 

日本語を話す場合、

頭に文字は浮かべませんよね。

それと同じです。

 

どうすればそうなれるのか・・?

発話することに慣れることです。

 

えっ?それだけ・・?

って思いました?

 

私の生徒は、

飼っている犬に向かって、

今日一日の出来事を英語で話していたそうです。

とにかく、英語を発話する機会を作るのです。

このとき、正しい英文であるかどうかは重要ではありません

これは、英語を口から出すことになれるのが目的なので、

間違っていてもいいんです。

ただ、文法や単語力が足りなくて、文が作れない場合は、

スピーキング練習をするにはまだ早すぎます。

スピーキングは、頭の中に入っている知識を使って行うもの。

知識が入っていなければ、発話は不可能です。

まずは、中学レベルの文法と単語の復習から行いましょう。

 

音読とシャドーイングも、スピーキング力向上に効果があります。

(音読のやり方は ⇒ 【音読】必ず英語力が伸びる正しい音読

(シャドーイングのやり方は ⇒

【シャドーイング】実は種類がたくさん 最も効果的なシャドーイングを)

どちらも、英文を声に出して読むので、口から英語を出す練習になります。

ただ、気を付けて欲しいのが・・

必ず自分のレベルよりも低い素材を使うこと。

聞いても読んでも、楽々意味がわかるものです。

スピーキング力を上げるトレーニングは、

口から英文を発することなので、

すらすらと出てくるもののほうが効果があります。

 

そして、次は上級トレーニングになりますが、

音読、シャドーイングが終わったら、

サマリー(要約)に挑戦してみてください。

その内容を、自分の言葉で説明するのです。

例えば、きのう読んだ本が、とっても面白かったとします。

次の日、友達にその本の話をしようとします。

そのとき、その本に書いてあったことを、

自分の言葉で要約して説明しますよね。

そんな感じです。

こんな内容だよ、って誰かに説明するつもりで

やってみてください。

初めから英語でやるのが難しい場合は、

まずは日本語で説明してみる。

そして、次に英語で説明します。

このトレーニングは、

TOEIC のリスニング、リーディング対策にも効果的!!

長い文章を、読んだり聞いたりした後に、設問に答える TOEIC では、

解答するまでの間、大事な箇所を覚えてなきゃいけません。

サマリーは、そのトレーニングになります。

 

最後もうひとつ、

スピーキングのトレーニングとして最も効果があるのが、

瞬間英作文です。

これは、英語の文を見て、即座に日本語に訳すというもの。

瞬間英作文用の書籍もたくさん売られています。

この練習を繰り返すことで、

英文がすっと口から出てくるようになります。

ここでポイントは、決して英語を頭の中で組み立てないこと

日本語を話すとき、「1文を頭の中で作ってから話し始める」

なんてことはしませんよね?

話し始めてから、考える。

考えながら話す。

だから、言葉に詰まったり、言い間違えることもある。

言い間違えて言い直すこともよくあると思います。

それを英語でできるようにするトレーニングです。

なので、日本文を見たら、頭で英文をつくるのではなく、

即座に英文を言い始めてください

 

文の途中でわからなくなって、

すぐに答えを見る人がいますが、それも禁止です。

間違ってもいいので、最後まで言い切ってください

 

自分の発話を録音しておくのも効果的です。

正解の文を言ったつもりでも、

後で聞き返してみたら、微妙に間違ってた、

とかあります。

 

録音のアプリもあるので、是非使ってみてくださいね。

 

1文言い終わる毎に答えを見て、

その英文を何度も声に出して読みます。

この時、英文を見ながら読むのではなく、

1文暗記して、英文を見ないで声に出すのです。

音声付きのものであれば、

音声の後に繰り返して声に出します。

もちろん、テキストは見ないで。

これで、正しい英文が頭の片隅に記憶されます。

 

まとめます。

スピーキング力アップのためには、

・ とにかく英語を発話する。

・ 音読、シャドーイング

・ 瞬間英作文

です。

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)