こんにちは。
TOEICトレーナーの亀本梨絵です。

今日は

英文を読んだときに
『なんとなく』しか意味がわからない

って人の原因と対策について
お話ししていきます。

▼動画で見たい方はこちら

 

このパターンの人の特徴

このパターンの人は

TOEICのPart6、7(長文読解)で
正確に意味を把握する
っていうのが厳しいので

設問に答える時も
「多分これなんじゃないかな?」
って選ぶ感じで

確信を持って答えられない
とか
英文を書くのが苦手だったりとか

英語を話すときも
短い文だったら話せるんだけど
長い文を組み立てたり
複雑なことを英語で表現する
っていうのが苦手だったり
するんじゃないかなと思います。

なぜ、『なんとなく』しかわからない?

なぜこうなってしまうのかっていうと
英文を読むときに『文の構造』

どこが主語で
どこが動詞で

っていう構造を取る力が苦手だから。

だから
自分が文を組み立てるのも難しいし
話すときも
文を組み立てるってことが
なかなかできないって状態になっています。

英語を読むときの2つのポイント

じゃぁ
どうすればいいのかっていうと
英文を読むとき、2つのポイントに
気をつけてもらうといいです。

1つ目は
文の構造を考えながら読む、ですね。

どこまでが主語で
どこが動詞でどこが目的語で
っていう構造を考える。

これが1つ目。

そして2つ目が『直訳』をするです。

問題集には
和訳がついているんですが
その和訳っていうのは『意訳』になっています。

直訳ではないんですね。

意訳って何かっていうと
『自然な日本語』です。

だから、よく私の生徒さんから

「この英文が、なぜこの和訳になるのかわかりません」
っていう質問をよく頂いてたんですけど

なぜかっていうと
意訳(自然な日本語)
になっているからなんですね。

なので
問題集の和訳を読むことで
逆に文の構造をとるのが
厳しくなってしまったりするんです。

なので
やってほしいのは

問題集の和訳は無視する。

問題集の和訳は見ないで
自分で
英文の主語・動詞・目的語とか
構造を把握して『直訳』する。

この読み方をしてほしいんです。

例文を使って説明します

具体的にどういうことなのか
例文を使って説明します。

There was a rapid increase in the number of internet users.

まずこの英文を
意訳(自然な日本語)にしてみると

インターネットの利用者が急激に増加した

になります。

自然な日本語なので
わかりやすいですよね。

次は逆に
構文を意識して直訳してみます。

There was a rapid increase
(急激な増加があった)

in the number of internet users
(インターネット利用者の数において)

になります。

There was +名詞

「名詞があった」になりますよね。

そして名詞の部分が
a rapid increase

increase は、
今回、『名詞』として使われています。

『増加』って意味の名詞です。

そして、rapid が
形容詞で『急激な』の意味。

a rapid increase で、
『急激な増加』という
名詞句になっています。

なので

There was a rapid increase

で、『急激な増加があった』になるんです。

問題集に書いてある和訳は
『急激に増加した』なんです。

『増加した』っていうふうに
動詞っぽく訳してありますよね。

だから『直訳』ではないんです。

『直訳』をするメリット

直訳をするためには
文の構造を正確に把握しないとできないんです。

なので
直訳を意識することで
文構造もきちんと把握する力
というのが身に付きます。

そうすると自分でも
その文が組み立てられるようになってくるので
英文を書いたり話したりが楽になってきます。

今回の『急激に増加した』を
There was a rapid increase
って言える人は少ないと思います。

でも、言えたらかっこいいですよね。

こんな風に
ネイティブが使う自然な表現を
作れるようになるためには

普段から文構造を意識して直訳する。
これが大事です。

 

『直訳』が難しい人は?

ただ
直訳をしようと思っても
難しいという人いらっしゃると思います。

そういう人はおそらく

今まで、英文を読むときに
単語を拾って読んでた。

単語から
おそらくこういうことが言いたいんじゃないかな?

こういうことが書いてあるんじゃないかな?

って読んできたんじゃないかな
と思います。

この読み方をしていると
内容が『なんとなく』しかわからないし

ときには
全然内容を勘違いしてしまうこともありますよね。

もし勘違いしてしまうと
TOEICでは正解できないし
会話だったら
話が噛み合わなくなって気まずくなる
みたいな事が起こったりします。

こういう読み方をしてた人は
読み方を変えて『文構造を意識』です。

わからないときは
誰かに聞くとか、調べるとかして
構造を正確に把握する。

この読み方に切り替えていきましょう。

そうすることで
英語を読む力
聞きながら理解する力
スピーキング力
全てが上がってきます。

現在無料動画レッスンを
プレゼントしています。
2ヶ月半で650点から880点に
スコアアップなど
短期間で大幅にスコアップされた方が
どんな勉強をしていたのか?

彼らが実施していたトレーニングを
実際に実践できる動画になっています。

▼詳しくはこちらから