今の自分に適した英語教材を選ぼう


今は、英語学習教材が溢れていますよね。
「どれを使っていいのかわからない・・」って人も多いもの。

今日は、教材選びのポイントと使い方をお話します。

「英語の勉強を何か月も何年も続けているのに、
一向に英語力が伸びない」って相談、私もよく受けます。

そんな人たちに共通するのが、

1. 英語学習の順番を間違えている
2.使っている教材が今のレベルや目的に合っていない
3.次々といろんな教材に手を出して、やり遂げていない
です。

まず、
1の、英語学習の順番について。

例えば、「英語を話せるようになりたい」と思って、
瞬間英作文や、ネイティブとの英会話から始める人も多いもの。

でも、スピーキングは、
今頭の中にある英語の知識を使って、
アウトプットするもの。

 

頭の中に知識がない状態では、話せませんよね。
瞬間英作文も、英文の丸暗記になってしまって、
自分で英文を組み立てるトレーニングになりません。

 

特に、ネイティブとの会話は、
知っている限られた表現や英文を使いまわすだけになったり、
浅い会話だけで終わってしまったり。
時間のわりに得られるものが少ないんです (*ノωノ)

 

スピーキングのトレーニングの前に、
知識を増やすべきです。

正しい英文の作り方や、
会話表現のインプットをする。

リスニングのトレーニングもして、
英語も聞き取れるようになりましょう。
相手の言っていることがわからなければ、
会話はできません。

そしてそれから、スピーキングのトレーニングに入ります。

段階的に、正しい順番で鍛えていきましょう。

では次に、
2の、「使っている教材が、今のレベルや目的に合っていない」について。

教材選びでやりがちなのが、
自分の今のレベル以上に難しいものをやってしまうこと。

難しいものをやったからと言って、
早くうまくなるわけではありません。
トレーニングには、「少し簡単かな?」くらいの教材の方が実は効くんです。

そして、
教材選びで1番大事なのが、
「この教材は、どの部分を鍛えるものなのか」を把握して選ぶこと。

例えば、
「英語を聞いても、全く聞き取れない」
という場合、
「英語の音」について学ぶ必要があります。

それなのに、
すでに英語の音が聞き取れる人向けの、
英語脳を鍛えるリスニング教材をやっても、
「英語を聞き取る」という部分が鍛えられず、
「やっているのに、リスニング力があがらない」
という結果に (*ノωノ)

教材を使うときも、
「今、どの部分を鍛えているのか」を意識して使うと効果的です。

 

では、最後に、
3の「次々といろんな教材に手を出して、やり遂げていない」について。

ある教材を買って、数か月やってみたけど、
手ごたえがないのでやめる。
そして、また別の教材を買う・・

こんな人、多いんです。

これではいつまで経っても身に付かないままですよね。

優良な教材を見つけたら、
徹底的に使い倒してください。

英語力は、上達が実感できるまで少し時間がかかります。
でも、正しいやり方で続けていれば、
必ず伸びます。
買った教材を信じて、気長にコツコツ頑張りましょう。

もちろん、いい教材を選ぶってのは大前提ですよ。

 

独学での英語学習は、挫折者がとっても多いもの。
挫折の原因は、こんな風に、
教材の選び方や使い方が間違っている場合も多いんです。

今の自分の英語力を冷静に見極めて、
今、必要としている最適な教材を選んでくださいね。

教材選びについては、
この記事も参考になるので読んでみてください ^^

英語教材の選び方と正しい勉強方法

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)