英語教材の選び方と正しい勉強方法


 

あなたは、英語の教材を選ぶとき、何を基準に選びますか?

「すぐに簡単にぺらぺらになれるもの」

と思った人は、危険です。

利益ばかりを重視したインチキ教材業者は、

まさにこのような、

いかにも簡単に英語力が身に付くようなキャッチコピーで

消費者の心を掴もうとするからです。

インチキ教材については、「このサイトの目的」で触れています。

 

では、インチキ教材ではない、

「購入者の英語力が伸びること」を最優先に開発された教材を見つけたとします。

 

次にチェックすることは?

それは、

教材の目的と自分の目的が合っているか を確認する、です。

私は、口コミサイトを読んでいて、

勘違いしている人が多いなぁと思うことがあるのですが、それは・・

「1つの教材をやれば、

英語が聞けて、読めて、話せて、発音がよくなって、語彙力も表現力も増える」

みたいな、

1つの教材で、英語に関するすべての力が身に付く思っている人がいることです。

でも、そんな無敵な教材をつくるのは不可能です。

全てをカバーしようとすると、どれも中途半端になってしまいます。

 

例えば、あるスピーキング教材。

日本語が画面上に出るので、

その日本語を、瞬時に英語にして発話するものなのですが、

これは、自分の持っている単語力と文法力を駆使してトレーニングするもの。

「英語の知識はあるんだけど、それを会話で生かせない」って人には、

最適な教材です。

 

でも、スピーキングができない原因が、

「単語力や文法力が足りてなくて文が作れない」って人には、

この教材は適しません。

この教材の前に、文法教材や、単語帳を購入して下準備すべきです。

ましてや、リスニング力を上げたいって人が、

この教材を選ぶのは、畑違いになってしまいます。

 

なので、気になる教材を見つけたら、

その教材の目的は何か?

そして、自分の今の英語レベルと合っているのか?

そして、それは自分の目的と合っているのか、をチェックするようにしましょう

 

では、自分の目的にぴったりの教材を見つけて、購入した後は・・

その目的に集中して使い倒します。

さっきのスピーキング教材であれば、

外国人を目の前にしても、あわわと焦らず、

瞬時に返答できるようになるのが目的なので、そこを目指すわけです。

「かっこいい会話フレーズを使って返したい」とか、

「発音よくしゃべりたい」とか、

他に希望があったとしても、

この教材の目的はそこではないので、それは置いておき、

本来の目的に集中してトレーニングします。

そして、

すらすらと口から英語が出てくるようになったら、この教材の目的達成!

会話フレーズ集を覚えたり、発音トレーニング教材で練習するなど、

自分が次に希望する勉強に移ります。

 

これだと時間がかかりそうだって思った人もいるかな??

でも実際は、こちらの方が、

効率よく短い期間で、目標の英語力までたどり着けます。

1つずつ、苦手分野を確実に潰していくんですね。

この、「確実に」ってのが、大事。

「この期間は、これ」って集中して極める感じです。

例えば、リスニングも、この教材を使って、

「英語の音を聞き取る耳をつくるぞー!」って、

それに集中する。

それができるようになったら、次。

「英語を英語の語順で理解できるようになるぞー!」って、

また、それのことに集中するんですね。

それぞれに、適した教材があるので、それを使って極めるんです。

 

こうして、確実に英語力を積み上げていきましょう。

 

最後に、私がどのレベルの人にもお勧めしているアプリがこちら

無料お試し期間だけでも楽しんでみてください ^^

ゲームをしている感覚で楽しく英語学習 イチオシアプリの紹介

次はどの記事を読む? ⇒ ★目次★ から、気になる記事を探してくださいね ^^


スポンサーリンク

↓↓↓「読んだよ」って合図に、ポチッとクリックしてくれるとうれしいです ^^

にほんブログ村 英語ブログ

↓↓↓ 「いいね!」の合図に、シェアしてくれると とーっても喜びます (*^▽^*)