こんにちは。

TOEICトレーナーの亀本梨絵です。

今日は、

「忙しくて勉強する時間がない(/ω\)」

「疲れていて勉強できない・・」

そんな人のために
いつ、どう勉強すればいいのか?
について話していきます。

▼ 動画で見たい方はこちら

本当に、時間がないの?

さて、私の講座に来られる方で
「勉強時間がないんです」っていう方
結構いらっしゃるんです。

そういう方には
朝起きてからのスケジュールを聞いてみます。

「朝、何時に起きますか?」

「家を出るのは、何時ですか?」

「電車に乗っている時間は、何分ですか?」

「夜帰ってくるのは、何時ですか?」

「その後、寝るのは何時ですか?」

「その間は、何してますか?」

みたいな感じで、細かく聞いていくんです。

すると
意外と、勉強する時間があったりするんです。

 

「空いた時間、この時間は、何してるんですか?」って聞くと

「あ、ちょっと、スマホ見てたりー」とかね

そういう感じの答えが、返ってきたりするんです

「その時間を、勉強に充てましょう!」

とアドバイスをしたりしています^^

習慣化するのがオススメ

私がオススメしているのが
『勉強の習慣化』

「この時間は、この場所で勉強する」って、決めておく。

短い時間でもいいんです。

継続できれば。
継続することが、大事です。

では、いつ、どんな感じで習慣化すればいいのか?

例を挙げてみますね。

 

お昼休み活用法

まず、仕事をしている人だと、お昼時間です。

お昼ご飯を早く食べて余った時間を
勉強にあてる。

私の生徒さんで、
4ヶ月で、440→660にスコアアップした方がいらっしゃるのですが
その方も
なるべく一人でご飯を食べに行って
余った時間を、勉強に充てていたっておっしゃっていました。

 

朝の時間活用法

次に、朝の時間。
朝の勉強は捗るって、よく言いますよね。

とはいえ、眠い・・

だから、1時間とかは言いません。

20分。

20分だったら、早起きできそうじゃないですか?

その20分を勉強に充てる。
20分でも集中すれば、効果は得られます。

仕事後時間、活用法

次に、仕事後の時間。

2ヶ月で、650→880にスコアアップされた生徒さんは、
仕事終わったら
必ず、カフェに寄って勉強してから帰る

っていうの習慣にされていました。

カフェだと
音楽がかかってたり、ざわざわしてるから
小声で英文を音読したり、
シャドーイングすることもできます。

少しずつの時間を、継続しよう

だから

朝20分早く起きて勉強するのを、習慣にする

お昼ご飯後の勉強も習慣に。

帰る前に、カフェに寄って、勉強するのも習慣とか。

習慣化すると、忘れないし続きます。

英語学習の一番難しいところは、「継続」なので
「習慣化」することで、続く仕組みを作りましょう。

 

オススメの勉強場所

静かめなカフェ

カフェで勉強する人、多いですよね。

私も、一時期、
朝早く起きて、カフェで勉強していた時期があるんです。

朝のカフェ、すごくよくて
勉強してる人が多いんです。朝のカフェって。

朝だから、空気も澄んでいるし
シーンとしているし、すごくよかったです

これは、捗ると思います。

あと
モーニングセットがおいしいカフェだと
楽しみもできますね♪

意外と、電車の中も集中できる

そして、意外と捗るのが、「電車の中」

移動中は、必ず英語の勉強をするって
私は、決めていました。

電車だと
混んでるときと、空いてる時があるので
どういう時に何をするかを
あらかじめ、決めとくといいです

例えば、座れた時は

テキストを広げられるから、このテキストを見返す、とか

立ってる時は
イヤホンをつけて、音声を聞くとか。

このとき
何を聞くのかも、決めておきます。

「勉強済のものを、頭の中で構文取りながら聞く」

など、具体的に考えておきます

 

家では、家でしかできない勉強を

家に帰ってからは
家でしかできない、声を出してやるトレーニングをする
など、決めておくといいです。

 

まとめ

「勉強時間がない」っていう人は
1日のスケジュールを、書き出してみてください

「何時に起きるかな?」

「何してるかな、この時間?」

って。

で、空いた時間に、このスキマ時間に勉強しようって、決める

「ここの時間勉強できるな」って思った所は
『何を』勉強しようかなって決めておく

これが、オススメです。